« 1月の検査結果 | Main | 誕生日 »

2014.02.03

内覧会

私の自宅から歩いても行ける距離に、透析施設もある腎・泌尿器クリニックが開業されるというチラシが入り、その施設の内覧会があったので行ってきました。

064

透析施設の中に入るのは初めてです。

いつかはお世話になる場所なので、一度は実際に見てみたかったんですよね。

一階はデイサービス、上階はサービス付き高齢者向けマンションになっていて、その2階部分の一角にありました。同じ階には内科と耳鼻科、それともう一つ医院が出来る予定だそうです。

クリニックはこじんまりとした感じですが、とても明るくて綺麗・・・って新品なんだから当たり前ですね(笑)透析用のベッドは20床くらいでしょうか。ベッドもシーツもピッカピカで、とても居心地が良さそうでした。

中は見学者もまばらで、透析技師さんにゆっくりとお話を伺うことが出来ました。

ベッドとベッドの間はカーテンで仕切れるようになっていて、多少はプライバシーが保てるのかな。それぞれテレビが備え付けられていましたが、有料でテレビカードを買うシステムになっているのだそうです。でもコンセントは使えるので、パソコンやDVDデッキなどの使用は問題ないとのことでした。

奥のほうには個室になったベッドがあり、インフルエンザなどの感染症患者さんも透析を受けられるようになっているそうです。

更衣室は男女別であるけれど、個人で使用できるロッカーはないとか、飲食についてはおやつ程度ならOKとか、水道水をろ過して透析液を作る機械とかも見せてもらいました。機器も最新式のものだそうです。災害時の対処法なども聞きました。

一番聞きたかったのが「週一の透析」についてなので、自分の状態も含めていろいろ質問してみました。

どんな質問にも丁寧に答えてくれたんですが、そこの先生は週一透析に理解があるみたいで、透析は週3でないとダメ、みたいな考え方はしていないという話でした。

もちろん導入は無理のない範囲で伸ばせるだけ伸ばしたいので、実際に私が透析を始めるときに、空きがあるか、本当に週一で受け入れてもらえるかはわかりませんが、私にとってかなり理想的なクリニックのようです。

こんなお土産を頂いて帰路につきました。

063

もし可能なら万能細胞が実用化されて、自分の腎臓が再生される日まで保存期を維持したいものですが、でもちょっとだけ未来が明るくなった気がします(^-^*)

にほんブログ村 病気ブログ 腎不全へ
にほんブログ村

|

« 1月の検査結果 | Main | 誕生日 »

Comments

みっちさん、こんにちは。

「内覧会」ってタイトルからマンションでも買われるのかと一瞬思ってしまいました。(笑)

歩いて行ける距離に透析施設があるって心強いですよね。でも、実際に通い始めてから知ることになることも結構あるでしょうし、透析施設を変更するって大変なんでしょうかね?

Posted by: Taka@青葉台 | 2014.02.04 17:56

こんばんは、色々知識を得るのは、良いですよね。
不安な部分を消していけば安心するし、何かあった時にツテがあれば
安心ですよね。
私も近所の透析施設、見に行ってみようかな。
もちろん、まだまだ保存期治療頑張りますけどね。

Posted by: サウス | 2014.02.05 21:43

Takaさん(^-^)/
新規の医院で透析を受けられる方は、ほとんどが転院でしょうから、そういえばどうなんでしょう。
ご自身の通われているクリニック等に不満を持っている方も多いようですけど、空きの問題もあるし難しいのかしら(^_^;)

マンション暮らしもいいなぁって思います。
上階には高齢者向けの住宅があるので、もしもこの先家族を見送って私が一人になったとしたら、同じ建物で透析もできるって便利でいいかな・・・なんて考えましたよ。
でも安心がある分ちょっとお高いので経済力が大きなネック(笑)

Posted by: みっち | 2014.02.05 22:32

サウスさん(^-^)/
敵(?)を良く知ることで不安も減らせますね。
それこそシャントを作ったら市内の透析施設を見学させてもらおうと思っていたので、本当にいい機会になりました。
人任せにしないことって重要だと思うんですよね(^_-)-☆

Posted by: みっち | 2014.02.05 22:35

みっちさまがこの先ずーーーーっと保存期でいられますように!

透析導入しないで元気でいられますように!!!

Posted by: 藤堂 俊介 | 2014.02.05 23:52

藤堂俊介さん(^-^)/
いつもありがとうござます(^-^*)
でもいつかは透析のお世話になることになると思っています。
より良く生きることが大切ですね(^_-)-☆

Posted by: みっち | 2014.02.06 15:15

みっちさん見学されてきたんですね
何件か見に行った方がいいと思います。
私は導入した病院で紹介されましたが

地元であり家から7分と近いので嫌ですと断りましたが
先生から透析が始まったら 雪 台風 大雨

なにがなんでも行かないと大変なことになると…
説得されました。

結果的にはここにきて良かったと思ってます。
電車が止まったりバスが遅れたり皆さん大変な思いで
通ってます。

このビルは29階建てで3階上は分譲になってます。
夢は大きくです。

宝くじでも当たったらこのビルに住みたい

Posted by: ちゃこ | 2014.02.06 20:33

ちゃこさん(^-^)/
透析施設ってちょっと暗めのイメージがあったんですが、
真新しいだけに清潔感にあふれる素敵な空間でした。
否応なく長い時間を過ごさなければならない場所ですもんね。
出来ることなら快適に過ごしたいものです。

確かに透析を始めたらどんなお天気でも休むわけにはいかないし、近ければ近いほど生活との両立がしやすそうです。
同じ建物内に透析施設って理想的ですよね。

私も宝くじ買おうかなぁ。。。

Posted by: みっち | 2014.02.07 23:33

みっちさん
見に行かれたんですね。
母が7年間透析しましたが3箇所を転々としました。
心房細動で救急車で運ばれた循環器で始めて腎臓が悪いといわれたそうです。
それまではあまりにも無知識で、好きなものを食べたいだけた食べていました。
その循環器内科の知り合いの透析病院でシャンとの手術をして3ヶ月入院しました。心臓が悪くなったので入院です。遠くて車で40分かかっていました。
その後心臓が落ち着き近くの病院を探したら車で5分の所があり、患者を送り迎えしてくれるシステムがあり其処に転院しました。
その後、その病院と患者さん達との間で送り迎えの事で揉め事が起こり またまた転院しました。
最後に入院したのは又遠い場所でしたが 透析専門の大病院でした。シャントの繰り返しで使える血管がなくなり腹膜透析になり、そこで3年間透析して最後は腹膜透析の腸内破裂で亡くなりました。
母の体験でいろいろな事があると勉強になりました。
母は72歳で透析を始めて80歳で亡くなりました。
患者と病院の相性、患者同士の軋轢、看護師さんたちとの関係・・
いろんなことがありました。
若い人は20年以上血管が持つそうです。
頑張って透析を先延ばしにできたらいいですね。
頑張りましょう!

Posted by: 愛 | 2014.02.08 23:37

こんばんは~(◎´∀`)ノ

内覧会のチラシってどうやって配られていたのですか?!
近所だから各家に配布されたのかしら?
と 色々と想像しております

新しい病院で 週に1回の透析にも理解があるなんて
とてもステキです!
名古屋では3回/週より少ない透析には積極的ではないような気がします・・・

Posted by: かのん | 2014.02.11 22:45

愛さん(^-^)/
お母さまはいろいろ大変だったんですね。
病気に限らずですが事前に知識があるかないかで、対応等には大きな差が出ますね。
現状維持にを目指していますが、先々の不安を減らすためにも、透析についてももっともっと知りたいと思っています。
本当にいい機会になりました(^_-)-☆

Posted by: みっち | 2014.02.11 22:57

かのんさん(^-^)/
あ、チラシは新聞に入る広告と一緒に入ってました。
でもその数日前に、久々ばったり会った友人からも透析医院開院の話を聞いていたので、もう渡りに船!って感じで行ってきたんです。
週一透析も実際にはどうなるかわからないけど、理解の得られそうな施設があるというだけでも、希望が持てますね。
シャントを作ることになったら、他の医院にも見学に行きたいと思っているけど、とりあえずは現状維持です(^_-)-☆

Posted by: みっち | 2014.02.11 23:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 内覧会:

« 1月の検査結果 | Main | 誕生日 »