« 11月の検査結果 | Main | ブロッコリーの天ぷら »

2014.12.03

外泊訓練

主人の入院もふた月を過ぎ、社会復帰のプログラムの一つ、外泊訓練がありました。

7年前は一泊を二回でしたが、今回はすでに二か月経っているので、今回は二泊。

外泊の条件はいろいろあって、まず一番は断酒会やAA(アルコホーリクス・アノニマス)などの自助グループへの参加です。

アルコール依存症というのは、これから先お酒を一滴も飲まない生活をする以外、生き延びる道はないというやっかいな病気なんですが、日常にお酒というのはどこにでもあり、一人で意志を強く持ち続けるのはとても難しいので、同じ志を持った方々と今日一日の断酒を毎日続けられるよう、励ましあう場所というのが必要なんですね。

一日断酒を積み重ねることで、一週間、ひと月、一年と、断酒し続ける・・・というのが目的の集まりですが、途中でお酒の誘惑に負ける方も少なくないようです。

主人の場合も7年前は半年くらいAAに通ったものの、結局お酒に戻り現在に至る・・・で、退院後もAAに通うとは言ってますが、いつまで続くかはわかりません。

とりあえず現在はお酒も抜けているので、常識的な態度で2泊3日を過ごしてくれましたが、先々に対する不安はなくなりませんね。

外泊に際してお薬の処方がありました。

7年前は抗酒剤という強い薬を併用しましたが、もう薬の強さに肝臓がもたないとのことで、抗酒剤はナシ。肝不全のための薬と、あとは便秘薬。

肝不全になるとアンモニアの解毒が出来ないため、便秘をするとアンモニアの毒素が体を巡り、頭が朦朧としたり意識を失う肝性脳症(高アンモニア血症)という状態になるそうです。

アンモニアの原料はたんぱく質だそうなので、肝臓も腎臓と同じく、たんぱく質の取り過ぎは良くないみたいですね。

とりあえず無事に二泊が終わり、病院へ送り届けてきてやれやれでしたが、あとひと月で戻って来るかと思うと・・・

まぁあまり先のことは考えないようにしましょう(^◇^;)

|

« 11月の検査結果 | Main | ブロッコリーの天ぷら »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 外泊訓練:

« 11月の検査結果 | Main | ブロッコリーの天ぷら »