« 審査遅延? | Main | カサ増しシュウマイ »

2015.07.01

ある日の透析

私の場合、穿刺の場所は肘の内側に3カ所、手首のシャントから肘までの間に2カ所あります。

シャントに近い2カ所のどちらかから引いて、心臓に近い肘の内側へ返してます。

一応毎回同じ場所にならないように、ローテーションしてますが、最近下側の外側の血管の引けが悪く、途中で警報音が鳴り、調整が必要になったりしてました。

技師さんのアドバイスで、穿刺の向きを逆にして、針先が血管の一番太いところに行くようにすると、引けが順調になりました。


ただ私の場合シャントが右なので、チューブが短くなって、稼動域が狭められ、身動きが取り辛くなるんですよね。

2回ほど逆向きに挿して、だけど今までは引けてたんだよね、と針の向きを戻したら、やはりイマイチで、あと少しで終わりという時間に、引けなくなり、そこで終了になりました。


その日の除水量は透析液0.2を含めて1.2kg。あと0.5のところだったので、もしかしたら少し残っちゃうかも?えー残るの嫌だなぁ、なんて会話をしましたが、体重測定ではDWぴったりだったのでホッとしました(^_^;)

だけどその日は、肘の内側の針を抜く時に、下側の針が抜けてしまい、初めての流血事件!


さすがに勢い良く出るもんですね。
もちろんすぐ処理してくれたので、この程度で済みましたが、こういうトラブルを経験しながら、透析のベテラン?になって行くんだろうなぁ、なんて思ったんでした(^◇^)


|

« 審査遅延? | Main | カサ増しシュウマイ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ある日の透析:

« 審査遅延? | Main | カサ増しシュウマイ »