« ホテルランチ | Main | 6月の検査結果 »

2017.05.26

唾液腺嚢腫

我が家には、7月に10歳になるトイプードルがいます。

見た目は可愛いけど、たまに噛まれたりもするので(^_^;)ちょっぴりやっかいな男の子・・っていうか結構なおじいさん。

2ヶ月くらい前から、喉のあたりが膨らんできて、気付けばこんな姿になってました!


触ってみると中身は液体っぽく、タプタプしています。

痛がる様子はないので、しばらくは要観察状態だったんですが、ネットで調べてみると、どうやらなにかの原因で、唾液腺から滲み出た唾液が皮膚の内側に溜まる、唾液腺嚢腫という病気らしい。

とりあえずかかりつけの獣医さんに連れて行くと、そういった症例は扱ったことが無いとのこと(^_^;)

近所にもう一軒、数年前に開業した獣医さんがあったので、そちらに行ってみると、詳しい知識もあり、いろいろ説明もしてくれたので、お任せすることにしました。

昨日朝から預けて、注射で中身を抜いてくれて・・・
夕方スッキリして戻ってきました。


抜いた液体は150gもあったとか。

体重約6kgに対しての150g、人間で言えば1kg近くですもんね。
重く鬱陶しかっただろうなぁ(^_^;)

また溜まることもあるかもしれないそうだけど、とりあえずスッキリして良かったです。

犬もいろんな病気がありますね(⌒-⌒; )





|

« ホテルランチ | Main | 6月の検査結果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 唾液腺嚢腫:

« ホテルランチ | Main | 6月の検査結果 »