« August 2018 | Main | December 2018 »

October 2018

2018.10.08

舅 再入院(^_^;)

10月6日 土曜日に退院した舅。

10日ほどの入院で済んでやれやれと思ったのもつかの間、

退院前から左足が腫れっぽいと訴えてはいたものの、

6日 日曜日の晩、シャワーを浴びた後、左足の裏側に大きな内出血を発見。

内出血だけなら、時間が経てば薄くなっていくんじゃない?なんて言ってたんですが、翌晩腫れがひどくなったというので見ると、明らかに左右の足の太さが違うほど、左側がむくんで腫れていて、足の甲までパンパンな状態になっていて・・・

翌日も祭日で病院はお休みなので、そのまま救急へ連れて行きました。

89と言う年齢だからか、退院したばかりという状態だったからか、意外と待ち時間も少なくて済んだものの、その晩は包帯で圧迫して、翌日に形成外科のベテランの先生が診てくださると、とりあえず帰宅。

そして今日朝9時に救急で外来受診。

最初のエコーで5㎝くらいの血腫があり、その後の検査でさらに奥に10㎝くらいの血腫もあり、そのままにしておくと足の皮膚がダメになってしまう恐れがあると、手術をすることに。

私は今日の午後は透析なので、主人に交代してもらいました。

2時過ぎに全身麻酔で手術が始まり、出血部位がかなり広かったらしく、大変だったようですが、無事に終了して、麻酔からも目覚めることが出来たとのことでホッとしました。

私は透析後、デイから戻った姑の世話があるので病院へは行けませんでしたが、浜松から義妹も駆けつけてくれたので、舅も心強かったと思います。

今度は脚なので入院期間はもう少し長引きそうですね。

内出血→血腫となった原因ですが、心臓のほうのかかりつけ医で、7月からワーファリンの量が増やされていて、それが効きすぎてしまったということみたいです。

心臓外科の先生も来てくれて、ワーファリンはしばらく中止になるとか。

まぁ病院にいる間はとりあえず安心してお任せして、お誕生日までには退院できるといいなぁ・・・

| | TrackBack (0)

2018.10.04

舅の入院

10月30日に90歳になる舅。

5年ほど前に心筋梗塞でバイパス手術を受け、ワーファリンを飲むようになり、少しぶつけてもあざが出来るようになりました。

8月の末くらいでしょうか、右ひじの少し下、外側をかるくぶつけたようなんですが、その後腫れ始めて、コブが2cmくらいまで大きくなってしまったんです。

Gazo4

痛みはないけど邪魔だし気になる、と訴えるので9月11日、皮膚科を受診しました。

この程度のコブなら、普通は日帰り手術できるけど、舅の場合はワーファリンを飲んでいるため、入院手術が必要とのことで、総合病院への紹介状を書いてもらいました。

そういえば2年ほど前骨折した時も、最初の一週間はワーファリンを抜く処置をしてから、人工関節の手術をしてました。

9月14日に紹介状を持って総合病院へ。

エコー検査の結果、コブの中身は血腫で、そのままにしてぶつけて出血したり化膿してもいけないのでと、切除手術を勧められました。

傷も小さいし、ワーファリンは止めてしまうほうが危険なので、そのまま手術をしましょうとのこと。

9月27日に手術してもらい、そのまま入院することに。

手術は30分から1時間程度と聞いていたけど、実際の待ち時間は1時間半。

結構長かったので心配になりましたが、無事に終了して、入院後私は帰宅しました。

ところが夜になって出血してしまい、急遽再手術となり、手術後は止血のために右腕を吊って上げてという状態に。

毎日の回診で傷の状態を見てくれてますが、昨日もまだ完全には止まらないとのこと。

ワーファリンを飲んでいる場合はよくあることだそうですが、早ければ1週間程度の入院で済むなんて予定でしたが、もうちょっとかかりそうですね。

姑は要介護3は変わらずですが、3歩歩けば忘れるくらいに進んでいるので、相手をするのにかなり根気が必要です。でも徘徊の心配がないだけ有難いかな(^_^;)

私も透析に通いながら、家事プラス姑の世話も増え、ホント毎日が慌しく過ぎていきます・・・。

| | TrackBack (0)

2018.10.03

9月の検査結果

9月3日の検査結果です。

透析前

クレアチニン 10.54 BUN 50.0 カリウム 4.4

リン 4.9 ヘモグロビン 11.3

intact PTH 53 

透析後

クレアチニン 3.11 BUN 11.1 カリウム 3.8

リン 2.3 

h-ANP 61

kt/v 1.767

心胸比 51.8

水分量(9/7)+0.1

体重は50.1kg→48.2kgで、増えは1.9kg 3.9%

やはり涼しくなって汗をかかなくなり、その分体重が増えますね。

今年も猛暑・酷暑と言われてましたが、汗をかいては水分を気にせず飲める夏は、透析患者にとっては有難い季節でもあります。

カルニチンの効果が出たようで、ヘモグロビンがいい数値になりました。

それから今月は便鮮血検査もありましたが、

Gazo5

結果は異状なしでした。

あと年に一度だった心臓・腹部・頸動脈のエコー検査が年2回になり、新たにシャントのエコー検査も加わるようになりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月の検査結果

気がつけばもう10月・・・

ホントに日が経つの早いですね。

って、毎回同じようなこと書いてる気がしますが(^_^;)

現在我が家では89歳の舅が入院中で、相変わらずドタバタしてます(^◇^;)

いろいろ溜まってしまっているので取り急ぎ数値をば。

8月6日の検査結果です。

透析前 

クレアチニン 10.8 BUN 42.6 カリウム 4.4

リン 4.7 ヘモグロビン 9.6

透析後

クレアチニン 3.02 BUN 9.5 カリウム 3.1

リン 2.0

BNP CLIA法 95.9

kt/v 1.648

心胸比(8/1) 52.2

水分量(8/3) +1.3

体重 49.7kg→48.2kg 増えは1.5kg 3.1%

心胸比と水分量からドライが48.4kgから48.2kgに変更になりました。

よく汗をかいたので少し体重が減ったみたいですね。

決して痩せたわけではないのが悲しいところですが(笑)

17日の水分量は+0.3に下がりました。

低たんぱく食を多めにしたせいか、透析前のBUNがかなり低く抑えられ、技師さんからはこれなら時間を短くしてもいいくらい、と褒め言葉(?)を頂きましたが、いろいろと理解できるようになった今、除水を考えると3時間半より短くするのは無理な話です。

造血剤を使ってもあまり効果が出なくなっているようで、今回はカルニチンの検査がありました。

結果、総カルニチン・遊離カルニチンともに基準値を下回っていたので、透析終了時に補充療法が加わりました。

カルニチン?なんじゃそりゃ??ですが、いろいろな角度から体調管理をしてもらえることは、やはりありがたいことだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2018 | Main | December 2018 »