« 9月の検査結果 | Main | 舅 再入院(^_^;) »

2018.10.04

舅の入院

10月30日に90歳になる舅。

5年ほど前に心筋梗塞でバイパス手術を受け、ワーファリンを飲むようになり、少しぶつけてもあざが出来るようになりました。

8月の末くらいでしょうか、右ひじの少し下、外側をかるくぶつけたようなんですが、その後腫れ始めて、コブが2cmくらいまで大きくなってしまったんです。

Gazo4

痛みはないけど邪魔だし気になる、と訴えるので9月11日、皮膚科を受診しました。

この程度のコブなら、普通は日帰り手術できるけど、舅の場合はワーファリンを飲んでいるため、入院手術が必要とのことで、総合病院への紹介状を書いてもらいました。

そういえば2年ほど前骨折した時も、最初の一週間はワーファリンを抜く処置をしてから、人工関節の手術をしてました。

9月14日に紹介状を持って総合病院へ。

エコー検査の結果、コブの中身は血腫で、そのままにしてぶつけて出血したり化膿してもいけないのでと、切除手術を勧められました。

傷も小さいし、ワーファリンは止めてしまうほうが危険なので、そのまま手術をしましょうとのこと。

9月27日に手術してもらい、そのまま入院することに。

手術は30分から1時間程度と聞いていたけど、実際の待ち時間は1時間半。

結構長かったので心配になりましたが、無事に終了して、入院後私は帰宅しました。

ところが夜になって出血してしまい、急遽再手術となり、手術後は止血のために右腕を吊って上げてという状態に。

毎日の回診で傷の状態を見てくれてますが、昨日もまだ完全には止まらないとのこと。

ワーファリンを飲んでいる場合はよくあることだそうですが、早ければ1週間程度の入院で済むなんて予定でしたが、もうちょっとかかりそうですね。

姑は要介護3は変わらずですが、3歩歩けば忘れるくらいに進んでいるので、相手をするのにかなり根気が必要です。でも徘徊の心配がないだけ有難いかな(^_^;)

私も透析に通いながら、家事プラス姑の世話も増え、ホント毎日が慌しく過ぎていきます・・・。

|

« 9月の検査結果 | Main | 舅 再入院(^_^;) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 舅の入院:

« 9月の検査結果 | Main | 舅 再入院(^_^;) »