« 12月の検査結果 | Main

2019.02.12

主人の事

今年に入ってからの検査結果もまだ書いてないんですが、

相変わらずドタバタ続きで・・・

1月19日に主人が吐血し、救急搬送され入院しました。

2年くらい落ち着いていたけど、去年の7月の入院から半年でまた吐血。

あまりいい傾向ではなさそうな予感がしましたが、内視鏡での止血も済み、回復に向かうかと思ったところ、二日後に貧血から、再出血の可能性ありと再び内視鏡検査。

出血個所を確認できたので再び止血処理をしていただきました。

少しずつ回復に向かいましたが、先生からお話ししたいと言われ出向くと、内視鏡での画像を見せてくれて、食道静脈瘤の状態が進んでいて、あまり良くない状態になって、小さな刺激でも出血しやすくなっているとのこと。

食事等気を付けてくださいと、主人と二人で話を聞いて、その後主人が病室に戻ったあと、私だけ呼ばれて、次の出血が命取りになるかもしれないこと、その場合の延命治療はどうしますか?と、そこまでの話をされました。

延命治療をしても元気になるわけではないし、なるべく苦しみが少なくなるような方向の治療をお願いしました。

そして2月の4日に退院。

入院期間はちょうど2週間で、まだ食事はおかゆ状態だったので、自宅に戻ってからもおじやにしたり、なるべく消化の良いものを作るようにしてました。

主人自身も慎重に食べ物を選んでいたようなんですが、10日のお夕飯前に自分でスーパーで買ってきたソーセージを食べたところ、飲み込んでもうまく通らずつっかえてしまったみたいで、気持ち悪い、吐きそうと訴えていたので、すぐ救急車を呼び、到着前に吐血。

救急搬送されました。

たまたま舅が出かけていて、家には私と主人と姑だけ。

要介護3の姑を一人置いていくわけにはいかないので、娘・叔母・それから舅にもすぐ連絡して、留守を頼める状態にしてから病院へ向かいました。

7時前には救急病棟に入り、すぐ輸血処置をしてくれましたが、血圧が上がらず、内視鏡検査・処置は出来ないとのこと。

出血が止められないので、何度か吐血を繰り返し・・・

意識のある今のうちに合わせたい人がいればと言われて、舅・叔父・義妹が駆けつけてくれました。

痛い、苦しいと訴える主人のそばで、手を握り、背中をさすり、最後は私と義妹で看取り、2月11日午前4:22に息を引き取りました。

病院での処置、葬儀屋さんへの手配、家での安置場所確保、お寺さんへの連絡に死亡届や親戚等への連絡、今日は透析もあり、なんだか息つく暇もない一日でした。

ドタバタしながらも、なんだか現実感がなく、ただ、元気な明日が来るのって当たり前じゃないんだな、とか、人ってやっぱり死んでいくんだなとか、いろんなことが頭をよぎります。

通夜、葬儀は週末になるので、遺体にはエンバーミング処置をお願いしました。

ドライアイスを使わなくても腐敗の心配がなくなるそうです。

10年前に亡くなった祖母は、やはり通夜葬儀まで日が空いて、人相が変わってしまい可哀想だったので、今はすごい技術がすすんでいるんですね。ありがたいことです。

近くに住む娘はもちろん、東京に住む長男もすぐ駆けつけてくれて、子供たちもちゃんと大人になって、力になってくれることも、本当にありがたいですね。

いろいろとひと段落したら、また更新したいと思います。

|

« 12月の検査結果 | Main

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 主人の事:

« 12月の検査結果 | Main