« October 2019 | Main

November 2019

2019.11.28

胆嚢炎-3

術後10日目の17日に退院しました。

入院期間はちょうど20日間。

手術後すぐは腹圧がかかると とにかく痛くて、咳・くしゃみはもちろん、あくびさえめっちゃ痛く、

起き上がるのも、横になるのも、ベッドのリクライニング機能を使ってやっとでしたが、人間の回復力ってすごいですね。

退院の頃にはベッドを起こさなくても、身体を起こせるようになりました。

26日には退院後初めての外来で、ドレーンを抜いた後の抜糸が済みました。

今日で術後3週間。

傷の痛みはもちろんありますが、徐々に寝返りが打てるようになり、横向きでも寝られるようになりと、日ごとにほんの少しずつですが楽になってきています。

ただ、食事抜きで点滴だけでの期間が11日あったので、体の中の栄養状態がかなり悪くなっていて、

退院翌日、クリニックでの透析時の血液検査で、アルブミンが3.0だったりヘモグロビンが8.1だったり、

逆に一生懸命食べているのにリンが2.0だったり・・・確かにからだがふらついたり、ゆっくりしか歩けなかったりしてたのも納得です。

それから足のむくみがなかなか引かず、アルブミンが低いせいとも言われてますが、ドライを少しずつ下げてもらっています。

痩せた感覚はまるでないんですけどね、手術前に比べて1.5kg下がりました。

次の外来は12月10日で、特に異常がなければ入浴許可が下りて、一応完治ということになるのかな?

傷の痛み自体はまだ当分続きそうな気もしますが、毎日の家事をリハビリとして、頑張りましょう。

 

|

2019.11.12

胆嚢炎ー2

11月7日の手術、無事に済みました。

術前の説明で、お腹をみぞおちあたりから下に、おへその上で左に切り(時計で言えば9時)

皮膚・肝臓をめくり上げて奥の胆嚢を切り取ります、なんて・・・恐ろしい事をお医者さまからは事もなげにいわれましたが、心配されていた癒着も少なく、3時間ほどで手術が終わったそうです。

翌日は身動きの取れないまま、ベッド移動で透析を受け、終日うつらうつら。

夜になってトイレまで歩かされ、尿管を抜いてもらいました。

術後の病棟に二晩泊まり、外科病棟へ。

3日目、10日から食事開始。三分がゆ。

あれほど待ち望んだ食事開始でしたが、術後の身体には結構なストレスでした。

ほぼ義務的に流し込む感じですね。

11日からは全がゆ。

頑張って食べて、点滴がなくなりました。

あとはドレーンのみ。

昨日からは通常食。

以前 透析導入の時にも入院した病院ですが、相変わらず食事内容は・・・

贅沢は言ってられないので、とりあえずしっかり食べて、体力をつけたいと思います。

術前に履かせてくれた着圧ソックスを脱がせてもらったら、像さんの足みたいにパンパンに浮腫んでいて、昨日の透析でも多少減った程度。

ずっと食事が止められていたので、身体の栄養状態が悪く、そのせいで浮腫みが出ると言われたので、頑張って食事を食べる以外はないようです。

傷跡はじっとしていればなんとかいられるけど、寝たり起きたり、腹圧がかかる体制が大変。

あとゲップやしゃっくりも痛くて、夜も寝返りを打てないので、途切れ途切れにしか眠れませんが、

あの時は大変だったなーと、笑い話になる日が来るのが待ち遠しいです。

|

2019.11.07

胆嚢炎

ここ何週間か胃の調子が悪く、食事を抜いたり、おじややお粥にして様子を見てたんですが、


10月29日月曜日の晩、お腹の張りと痛み、吐き気が出て、何度もトイレに駆け込み、痛みも尋常じゃなくて、これは胃潰瘍?まさか胃に穴が空いた⁇


痛みがみぞおちあたりだったのと、ずいぶん前に慢性胃炎と言われていたこともあって、異常なのは胃だと疑いもせず・・


救急にかかる決断ができずにいたところ、夜中に少しだけ痛みが和らいだので、少しだけ眠り、朝を待ってクリニックに電話して、総合病院への紹介状を書いてもらいました。


救急にかかり、いろいろ検査をして、下された診断か胆嚢炎!?

胃じゃなかったの?とびっくりです。


最初の処置は肋骨の下辺りからドレーンを入れて、中の濁った胆汁を抜くこと。

本来は薄い黄色のはずの胆汁が、ドロドロの血液状のものから、黒っぽくなり、緑っぽくなり、薄い黄色が混じるようになりと、順調に進んだかに見えた頃、動いた拍子にズレてしまい、ドレーンは抜くことに。


一時9°5分まで上がった熱は、微熱程度に下がったものの、痛みと胆嚢の腫れ感は消えず、炎症反応も18〜19と高いままなので、胆嚢切除の手術を受けることになりました。


最初の3日は水も飲めず、ベッドからも動けず、検査や透析もベッド移動。

4日目からようやく飲水許可が出たけど、透析を考えるとそうは飲めず、我慢の毎日です。

5日目に病棟フリーの許可が出たので、トイレ・洗面等自力移動できるようになりました。


そう言えば

世の中はハロウィンで賑わったようですが、

あとから知ったくらいです(笑)

舅の誕生日もありましたが、義妹が来てくれたので、お祝いは出来たとのこと。良かった。


一昨日は入院以来初めてシャンプーしてもらい、昨日は初めてのシャワーを浴びさせてもらい、さっぱりと生き返りました。


ただの水がものすごく甘かったり、本当に普段当たり前のことが、どれほど幸せなのか、改めて感じています。

透析もどんな状態でも待ったナシですが、受けられるだけありがたいことですね。


手術は今日の午後。

生まれて初めての開腹手術なので、無事に済むか、後の痛みは等不安はありますが、無事に終わって、不快な痛みから解放されて、普通に食事が美味しく食べられる日を楽しみに頑張りたいと思います。

|

« October 2019 | Main