食事療法

2016.05.02

訃報

私が食事療法を始めたのは、2008年 当時通っていた内科で、尿タンパクが3gを超えて週一の透析を勧められ、総合病院の泌尿器科に行ったところ、「自己管理のいい患者さんと聞いていますし、この数値ならまだ透析はしなくて大丈夫そうですよ」と言ってもらえて、出来ることがまだあるならやってみよう!と思ったのがきっかけでした。

とはいえ身近に実践している人もいないので、本やネットで調べて、最初は手探りでした。

まず毎日の食事が何カロリーで、タンパク質をどのくらい摂っているかを調べて、そこからタンパク質を減らして30gまで減らしていきましたが、カロリーが1200くらいにしかならず、空腹に耐えて体重を落とすという結果に。

タンパク質30gで1800kcalを摂るには、普通の食品では無理というのが分かって、そこから治療食を頼むようになり、私の食事療法がスタートしました。

数値もどんどんよくなり、体調も安定しましたが、あくまでも自己流だったので不安はあり、そんな頃コメント欄で出浦先生のセミナーのことを教えていただき、セミナーで直接お話しさせていただいて、吉祥寺あさひ病院にも通うようになりました。

脱水の怖さに気付かせてくれたのも出浦先生でした。

2008年に勧められた透析を、2015年まで延ばせたのは、出浦先生のおかげと感謝しかありません。

とても強い信念と熱い情熱で全国を飛び回り、食事療法の重要性を説いてらした先生。

心残りもおありだったことと思いますが、ご冥福を心よりお祈りいたします。

ありがとうございました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2016.01.06

2016年になりました

新年あけましておめでとうございます。
今頃ですが今年もよろしくお願いします(^_^)

新しい年になったとはいえ、ワクワクしたのは子供の頃だけで、大人になると忙しいだけ。
まして透析をしていると、今年は元旦から透析だったこともあり、尚更お正月の実感がなかったです(^_^;)

そんな私の年末年始を食事で振り返ってみます。

30日は透析だったので、大晦日は朝から買出しで、天ぷらを揚げる気力はなかったので、丸亀製麺の天ぷらを買いました。

11時開店に30分くらい並んだけど、無事購入。


大海老の天ぷら一尾あたり290円と高めだったけど、とても美味しい天ぷらだったので、また年末には買いたいかも。

年越し蕎麦以外には、焼き豚の盛り合わせとフライイングのおせち。



私のお蕎麦はでんぷん蕎麦にしました。


元旦はやはりお雑煮。
一つ残っていた越後の丸餅で、おせちも少々。


結局いつもと変わりませんね(笑)

今年は長男が元旦の夜から帰省したので、それもあってなるべく低タンパクを心がけました。

透析もあったので、バタバタして写真を撮る余裕もなかったけど、元旦の夜はホットプレートを出して鉄板焼き。奮発して高いお肉を並べて・・・美味しかったー)^o^(

2日の晩は義妹一家も加わって、残ったお肉やお刺身、すき焼きやカニ爪等、ザ・お正月って感じの賑やかな食卓になりました。

私の分の取り分け。


ごはんは真粒米ですが、やはり高タンパクオンパレードになりますね(^_^;)

でも実は・・・年末から左の歯茎が腫れてしまい、せっかくのご馳走もしっかり味わえなかったんです。
特に2日の晩は腫れがピークで、痛みで眠れないほどでした。

3日は仕事でしたが、一時間早帰りさせてもらい、昨日、5日になってようやく歯医者さんに行って、直接歯茎に注射したり、飲み薬も貰って飲んで、今はだいぶ腫れが引いて落ち着いてきたところです。

そんなこんなで、慌ただしい年末年始でした。

まだ松の内ですが、ほぼ日常が戻ってきたので、少しのんびりしたいな(^_^;)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.10.19

ある日の朝食

透析の日の朝食は、普通のパンを食べることが多いです。
普通のパン、美味しいですよねー。
私、パンが好きだったんだなって、しみじみ思ったりします(^_^;)

今日の透析で抜けるし、と適当に食べてましたが、きちんと計算してみました。



4枚切りの厚切り食パン一枚にマヨネーズで和えたゆで卵を乗せた卵トースト。
レタスとキャベツにゴマドレッシング。
ヨーグルトとコーヒー。

概算ですが。
486kcal たんぱく質15g  塩分1.8g
カリウム 392  リン 240
動たん比 47%

たんぱく質はもちろんですが、やはりリンが多いかな。

こうやって数値を出してみると、このパンを低タンパクのものに変えるだけで、たんぱく質・カリウム・リンが下がり、動たん比がぐーっと上がるのがわかります。

たまにはこんなメニューがあってもいいけど、自分の健康状態を守るためには、やはり主食は低タンパクを心がけなきゃいけませんね。

昔はこんな朝食を当たり前のように食べてました。
腎臓が健康ってすごいことですね。

それでもこうやって普通に生活できることに感謝しなければ・・・ね(^_−)−☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.10.01

リセットメニュー

もともとパンが好きなので、透析を始めた今では、普通のパンもよく食べています。

リンやカリウムを意識すると、食べても問題なさそうなのは、食パンかクロワッサンでしょうか。
レーズンパンが好きなんだけど、カリウムが多いのでダメなんですよね(^_^;)

今朝はサンドイッチ。


サンドイッチ用の食パンに、マヨネーズで和えたゆで卵とシーチキン、それからサンチェを挟みました。

計算はしてませんが、たんぱく質は結構多いですね。

そんな時のリセットメニューには治療食が大活躍。

お昼はアプロテンスパゲッティにしました。


茹でたパスタに千切りキャベツを乗せて、市販のめんたいマヨを半分、それに海苔をぱらっとすれば出来上がり。


これは前にも書いてるかもしれませんが、お気に入りで常備しています。
市販品なので塩分が多いですが、半量でも十分美味しく食べられる優れもの!
一袋に2食分入っているのも嬉しい(笑)
キューピーさんありがとう(^o^)

同じめんたいマヨで別アレンジ。

茹でたパスタにシーチキンとめんたいマヨを乗せ、カイワレを散らして海苔をぱらっと。

見た目もおしゃれになるし、シーチキンを使うことで動たん比もアップします!

もちろん朝昼でプラマイゼロになるわけではありませんが、食べ過ぎた分の調整にはなるかなと思います(^_−)−☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2015.03.24

自宅での食事

退院してからの自宅での食事です。

いままでと違うのは、市販品も使い、摂取タンパク質が倍くらいになりました。

ずいぶん多めにとったつもりでも、それでも計算してみると1日の摂取タンパク質は30g程度。抑えていても結構食べられるもんですね。

ただ市販品が多いせいか、タンパク質が増える⇒BUNが上がる=忘れていた尿毒症状が顔を出す! となるので、いろいろ工夫が必要かなと思います。

3月20日 金曜日
夕食

スーパーで見かけて、どうしても食べたくなったエビフライ!(笑)隣は玉ねぎのフライ、ごはんは普通の精白米です。

3月21日 土曜日
朝食

デンプンホットケーキミックス作ったホットケーキとカフェオレ。

こう言う低タンパクバージョンを挟まないと、やはり不安になります ^_^;

昼食

デンプン米+低タンパク米のごはんと昨日の残りのカボチャコロッケ。

おやつにイチゴヨーグルト

夕食

普通の炊き込みごはん(しめじ・にんじん・鶏肉)、豆苗とにんじんとシーチキンのサラダ、玉ねぎのてんぷら。

3月22日 日曜日
朝食

越後のバーガーパンにハム二枚、トマト、レタス、マヨネーズを挟んだもの。カフェオレ。ヨーグルト。

昼食

デンプン米ブレンドのごはん、卵20g、刻んだ細ネギで作ったチャーハン。味付けはウェイバーと塩胡椒です。左側は市販品のハンペンフライ。

夕食

鶏肉(40g)と玉ねぎのケチャップ煮、厚揚げと大根おろし、キュウリとワカメの酢の物。ごはんはデンプン米ブレンドです。

3月23日 月曜日
朝食

6枚切りの食パンにケチャップを塗りハムとスライスチーズを乗せてトーストしたもの、カフェオレ。トマトサラダ。

イチゴ、ブルガリアヨーグルト、コンデンスミルク

透析の日の朝だから、かなりリッチな朝食にしてみました(^∇^)

入院中はアルブミンも低く、栄養状態があまりよくなかったんですが、自宅に戻って食事内容も変わり、また入院中は飲めなかったローヤルゼリーも毎朝飲むようになったので、数値が変わるといいなと思います。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2014.09.06

食事療法について

先日、コメント欄で、

毎日の食事作り大変じゃないですか?手を抜きたくなりませんか?30品目食べてますか?

そんな質問を受けました。

もちろん大変だし、手抜きはしょっちゅうだし、30品目は理想だけど無理です。

でも、私は本当の崖っぷちにいるので、食べ過ぎてBUNが上がるのも、クレアチニンが上がるのも、そのまま透析導入という事態になるので、出来ないなんて言ってる余裕はないんですよね。

何度か書いてますが、どれだけ手抜きをしても、低たんぱく・高カロリー・低塩というのは必須項目です。

たまにはご褒美と称して、多少は普通のごはん等を食べることもありますが、少なくともその日のうち~翌朝くらいには調整出来る範囲にしています。

例えば「かつ丼」とか「ピザやパスタ」とか「ラーメン」とか、簡単に取り返せないほど高たんぱくなものには手を出しません。

私にとっての優先順位が「食べたい」より「今の体調を崩したくない」だからです。

余分に食べたらそのまま体調に現れる、というぎりぎりな状態だからですね。

BUNが40あると足の痒みが止まりません。吐き気もします。体もだるくなります。

でも30まで下がると、とても体が楽になるんですよね。

よく透析回避のために頑張っているんですね、なんて言われることもありますが、それは結果で、体が楽ないい体調を維持できれば、結果として透析しなくてもまだ大丈夫、ということなんだと思います。

時間や生活に余裕があれば、毎日30品目に挑戦したいと思うけど、問題の多い家族を抱えているので、自分のことだけしている余裕もなく現実には無理。

じゃどうするかと言えば、食材の数は出来る範囲でなるべく多めに、ひとつのものに偏らない、肉魚卵のどれかは少な目でも必ず加える、足りない分は野菜で補うって感じかなぁ。

あとは作り置き。

パンを焼けば4~5日分あるし、でんぷん米も炊くと5食分になります。

070
冷凍庫には越後の1/25に雑穀を混ぜて炊いて、100gずつのおにぎりにしたものが入れてあります。お昼にかかりそうなお出かけの時はこのおにぎりを持っていきます。

069

食べる品目を少しでも増やすため、たとえばひじきを煮る時、以前はにんじんと油揚げで煮てましたが、今は最低でも5品、しいたけとかちくわとか、レンコンやさやいんげんだったり、こんにゃくや大豆などを加えたりして煮るようにしています。それを20gずつアルミカップに入れて冷凍しておけば、お弁当でも食材が物足りない日などにも使えて便利です。

068
どこかで手をかけておくことが、手抜きのコツなのかもしれません。

あと、計量・計算を省くこともあります。

時間がなかったり、面倒だったり、単にやる気が出なかったり。

だからといって食べたいだけ食べるなんてことはしません。

たとえばすき焼きしました、自分の分を計らないけど、計算もしないけど、生卵もちょっと加えたいし、お肉はふた切れにして、あとは野菜にしておこう・・・みたいな感じでしょうか。

でも3日くらい計算をいい加減にしていると、やはり怖くなってくるので、またちゃんと計量計算をしてますよ(^◇^;)

食事療法についてはもっといろいろ書きたいこともあるんですが、なかなか時間的にも余裕がなくて、おおざっぱですが私はこんな感じの食生活を送っています。

でもこれだけ頑張っていても、悪化していくのが腎不全の怖さでしょうか。

特に私の場合、今のクレアチニンが12を超えてますので、本当に気を抜くとあっという間に透析なしでは生きていけない体になります。

サウナや電位治療はあくまでもプラスアルファ。

保存期の維持に一番大切なのは食事管理です。

不快な自覚症状もないと、なかなか真剣に取り組むのが難しいですが、クレアチニンに余裕のある方ほど、今一度先行きを見据えて、現在の食生活を見直して、透析の生涯回避を目指してほしいなって思います。

なにか参考にしてもらえるような部分がありそうでしょうか(^_-)-☆

にほんブログ村 病気ブログ 腎不全へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.01.09

年末年始の食事

大みそかは年越しそば。今回はでんぷんそばを使いました。

エビは一尾だけですが、それだけではカロリー不足なので、さつまいも・なす・シソも揚げました。

093

天ぷら粉はでんぷん小麦粉+卵です。

美味しくいただきました(^-^*)

元旦の朝はお雑煮。

お餅は越後の丸餅にしました。

去年はでんぷんもちでしたが、やはり焼けば膨らむ、口にしたら伸びるでないと、お餅を食べた気にはなりませんもんね(^_^;)

092

具は白菜・にんじん・大根。それに錦糸卵・栗きんとん・かまぼこを頂きました。

おせちと言っても、家族が食べたがるものだけ年末に買ってきて詰め合わせたものなので、ホントに形だけですね。楽でいいです(笑)

091

丸餅は焼いてお醤油と御海苔でも食べました。

090

2個の焼いたお餅にお醤油は5g使っています。

義妹一家が来た晩はお寿司を取ったんですが、おせちだけでなく、煮物やカニ爪、ハムなどいろいろ作って並べました。お料理を作って人をもてなすということ、面倒ですけど私は結構好きみたいです(笑)

089

この日、私用には別にアプロテンスパゲティを用意して食べたんですが、

088

舅が私の分までお寿司を取ってくれていたので、誘惑に負けてしまい、マグロの握り一個とキュウリとかんぴょうののり巻きをいくつか食べちゃいました。

でも美味しかった~~~~(^-^*)

長男が帰省した時は、やはりいろいろ作って並べたので、自分用にはバイキングみたいにちょっとずつ取り分けておかずにしました。

087

牛肉とマイタケの炒め物、プレーンオムレツ、かぼちゃのマリネ・・・計算はしてないけどまぁこんなもんかなと。カロリーが足りなさそうですけどね(^◇^;)

5日からは手綱を引き締めて、低たんぱく低塩の食事を心がけて、吉祥寺の検査に向けて調整しました。

でも、なんだかんだたくさん食べたように思うので、体調は良かったけど、やはり検査結果は心配でしたね(^_^;)

にほんブログ村 病気ブログ 腎不全へ
にほんブログ村

Continue reading "年末年始の食事"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.27

三つ葉の卵とじ丼

三つ葉の香りが好きなので、先日のお夕飯に作ってみました。

刻んだ三つ葉一把(50g)とお豆腐50gをお鍋で煮ます。味付けはお砂糖12gとお醤油10g、それにみりん10g。

058

少し煮詰めてから、溶き卵30gでとじて、温めたでんぷん米のごはんに乗せればできあがり♪

カロリーが足りなそうだったので、カボチャの煮物を108g添えました。

057

香りの強い三つ葉と合わせると、でんぷん米の匂いや感触もあまり気にならず、とっても美味しかったです(^-^*)

でんぷん米の匂いが苦手、という方にもお勧めです(^_-)-☆

栄養計算は必ずしてますが、私は手書きでノートを作っているので、いつも殴り書きで、とても人さまにお見せできるようなものじゃないんですが、こんな方法もあるという一例というか、参考になるかはわからないけど載せてみますね。

056_2

お目汚しですみません(^◇^;)

でも効果の出る食事療法を 続けるには、正しい軽量と計算は不可欠なんです。

最初は面倒でもやっていくうちには慣れますから、慣れて習慣になってさえしまえばこっちのもんです。なんてね(^_-)-☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2013.04.29

食べ過ぎ注意!

4月の初めの話です。

2月に亡くなった友人のお墓参りをしようと、仲間たちと集まりました。

集合場所に選んだのはとあるファミレス。

軽くランチをしてからお墓参りをするという計画でした。

久々の外食ですが、ファミレスなら適当になにか選べるだろうと軽く考えたんですが、メニューを見てもこれといって決め手になるものが見つからず、それなら好きなもの、食べたいものを選んじゃえ・・・と、クラブハウスサンドイッチを注文しました。

目の前に置かれたサンドイッチは・・・

099_2

美味しそうな焦げ目のついたパンに、たっぷりのシーチキンや卵が挟まっています。

098_2

とっても美味しそう、だけどかなり危険な香りっていうか・・・やばいっしょ!?(^_^;)

海鮮チャーハンとかにすれば良かったな、なんて思ったけど後の祭り。

でも、まぁ、全部は食べずに残せばいいじゃん。次の検査までは2週間以上あるしさ。ほら、美味しそうだよ。きっと美味しいよ。なんてったってもう頼んじゃったんだし。

いわゆる悪魔の囁きってやつが頭の中で行き交います(^_^;)

ひとくち食べたら、これがまた美味しいのなんのって。

それでも必死の理性を振り絞って残しましたが、結局これだけ。

097_2

これでも残したって言えるかどうかですが、飲み物も抹茶ラテを飲んじゃいましたし。

概算ですが、この一食でたんぱく質30gくらいは摂取しちゃいましたね。

どう考えても腎機能4%の私の体で処理できる量ではありません。

で、どういうことが起こるかというと、そう、忘れていた尿毒症状が現れるのです。

痒みの出るのが早いですね。

背中の肩甲骨のあたりだけでなく、肩の方や腰のあたりまで、満遍なく痒みが広がります。足も、足首付近やくるぶし周りが痒い痒い。足は痒いだけでなく吊ります。

さらにお湯をかけられたような熱感も久しぶりに感じました。

体の中の潤滑油が濁ったような重いだるさもあり、ホントどーしましょ・・・でした。

注意一秒怪我一生、そんな言葉もよぎります。

腎機能の悪化はそのまま透析へのパスポートになりますしね。

わかっていて食べちゃった私が悪いんですけど、時間が戻せるわけでもないので、それからの数日は、いつも以上の低たんぱくを心がけて過ごしました。

少しずつ痒みも治まって、快方には向かいましたが、この食べ過ぎが次の検査値に反映されてしまわないか、とても怖かったです(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.01.11

年末年始

ずいぶんと間が空いてしまいましたが、書きたいことも溜まってしまったので、少しずつ書いていきます。

あ。付け足しのようですが今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

仕事と家事と子守りもしながら、自分の食事療法を続けるのは結構大変ですね。

大体夜になると力尽きちゃうんですが、大掃除は大晦日に最低限だけやって・・・自分の部屋なんて、未だに散らかり放題です(^◇^;)

一応年末年始の食事を書きますね。

年越し蕎麦はお昼に。

でんぷん蕎麦に、天ぷらはどどーんと派手なの乗せました(笑)

079

買ってきたお惣菜は計算できないので、朝昼で調整します。

元旦の朝はお雑煮とおせち。

078

お餅はでんぷんお餅にしました。かなり煮込んでみたんですが・・・煮崩れてはくれませんね(^_^;)

077

なんていうのかな、お餅というよりちょっとしっかり目のわらび餅?みたいな??(^_^;)

それでも3回くらい具を変えてお雑煮を作りましたけど、お餅を食べているって気にはなれませんでした。焼くと違うのかなぁ。

元旦のお昼は、娘の嫁ぎ先のご両親が来てくださることになっていたので、頑張ってお料理を作りました。

076

海老フライ。鶏の唐揚げ。野菜こんにゃくの煮物。マカロニサラダ。おせち(かまぼこ・伊達巻・錦糸卵・栗きんとん)。たくあん 。お菓子の盛り合わせ。それにお寿司と茶碗蒸し。

もちろん私には食べられないものばかりなので、でんぷん米ブレンドのご飯で寿司飯を作り、まぐろのすき身を30g乗せた散らし寿司を自分用に用意しました。

075

夜はそれこそ力尽きてしまって・・・ナス1本と豚バラ少々を炒めて、焼肉のタレで味付け、ご飯に乗っけてマヨネーズを10gという、こういう時はあまり考えずに作れる、私にとっては低蛋白なお助けメニュー的などんぶりメシの出番です(笑)

074

そうそう、おめでたい金粉が浮くという緑茶も頂きました(^-^*)

073

3日には長男が帰ってきたので、またまたあれこれとお料理を並べました。

071

でも自分用にはアプロテンのパスタだったりしてます。

070

なんせ年明けすぐに検査が控えているので、ハメを外すわけにはいかなくて・・・

他に食べていたのは

069

でんぷんホットケーキ。ノンフライ麺で作った焼きそば。

068

チヂミ。焼肉丼など。

家族にはいろいろ作りましたが、私自身は大抵別メニューで過ごしました。

067_2

イレギュラーで食べたのはミスドくらいかな?

久々のドーナツ!美味しかったです(^_-)-☆

ポンデの生・・・食べたい(笑)

| | Comments (8) | TrackBack (0)