体調

2021.05.06

検査入院からの・・・

ずいぶん久しぶりの投稿になっちゃいましたが、とりあえず元気でおります。

ちょうど4年ほど前に、大腸に憩室ができていて、あれからも年に1,2回憩室炎を起こしていて、そのたびに抗生剤を処方してもらい、なんとか過ごしてきたんですが・・・

4月17(土)の未明、またかなりひどい腹痛に見舞われまして、いつものように抗生剤の服用でなんとか治まり、やれやれ。

ところがそれから3日経った20日(火)朝から見たこともないような血便が出てびっくり!

紹介状をかいてもらって22日(木)に救急受診しました。

血便も少し治まってきていたのと、エコー、CTの結果から緊急性はないと診断してもらい、翌週改めて検査入院することになりました。

 

コロナの抗原検査を救急でもしましたが、入院時は唾液によるPCR検査。(もちろん陰性)

1

年を取ると唾液って減るんですね。たった3ml採取するのにずいぶん時間がかかりました。

26日はコロナの検査後入院手続きし、午後は透析です。

腸の検査なので食事は無しで、透析から戻ってからは下剤の時間。

6

1時間以上かけて1セット飲み、トイレ通いして11時過ぎに就寝。

27日翌朝もなんとか1セット飲み、トイレ通いでなんとか透明になって、お昼前にはOKもらえました。

時間をかければ800mlでも大丈夫みたいです。

検査は3時半ごろ。今回は鎮静剤(麻酔)を使ってもらいました。

終了前に麻酔が切れて、多少痛い思いはしましたが、以前のことを思えば楽勝だったかな。

検査後は二時間安静にして、お夕飯は無しだったけど、やはりお腹が空いたので、許可をもらってコンビニご飯。

久々のまともな食事、染み入りました(笑)

28日(水)の朝、検査の結果を画像を見ながら説明していただいて、憩室はあるけれど、ポリープも、気になる異常はなかったとのこと。ホッとしました。

午前中に透析を受け、お昼を食べて退院です。

朝食にはパンをお願いしました。コーンスープがうれしい。

4 5 

今回は2泊3日と短い入院だったので、個室をお願いしました。

3

食事をとれる回数が少なかったけど、快適な入院生活が送れました。

心配だった腸にも問題なく、あの血便の正体はわからずじまいだったんですが・・・

 

ところが翌朝また血便が出まして・・・次の朝は正常便でしたが、日曜日にはまた血便。

腸には問題ないはずなのに・・・

月曜の透析の時に、触診で痔の可能性が高いと診断されました。

痔なんて自分には縁のないものだと思っていたのでびっくりです。

調べてみると、切れ痔や外痔核は痛みがあるけど、内痔核は痛みを感じないので出血で気づくことが多いのだとか。

処方していただいた抗生剤と座薬で出血も治まり、正常な便が続くようになったので、血便の原因は内痔核で間違いはなかったようです。

それにしても年を重ねるといろいろ出てくるもんですね。

それでも透析のおかげで、とりあえず元気に毎日を過ごせているのでありがたいです。

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

2019.11.28

胆嚢炎-3

術後10日目の17日に退院しました。

入院期間はちょうど20日間。

手術後すぐは腹圧がかかると とにかく痛くて、咳・くしゃみはもちろん、あくびさえめっちゃ痛く、

起き上がるのも、横になるのも、ベッドのリクライニング機能を使ってやっとでしたが、人間の回復力ってすごいですね。

退院の頃にはベッドを起こさなくても、身体を起こせるようになりました。

26日には退院後初めての外来で、ドレーンを抜いた後の抜糸が済みました。

今日で術後3週間。

傷の痛みはもちろんありますが、徐々に寝返りが打てるようになり、横向きでも寝られるようになりと、日ごとにほんの少しずつですが楽になってきています。

ただ、食事抜きで点滴だけでの期間が11日あったので、体の中の栄養状態がかなり悪くなっていて、

退院翌日、クリニックでの透析時の血液検査で、アルブミンが3.0だったりヘモグロビンが8.1だったり、

逆に一生懸命食べているのにリンが2.0だったり・・・確かにからだがふらついたり、ゆっくりしか歩けなかったりしてたのも納得です。

それから足のむくみがなかなか引かず、アルブミンが低いせいとも言われてますが、ドライを少しずつ下げてもらっています。

痩せた感覚はまるでないんですけどね、手術前に比べて1.5kg下がりました。

次の外来は12月10日で、特に異常がなければ入浴許可が下りて、一応完治ということになるのかな?

傷の痛み自体はまだ当分続きそうな気もしますが、毎日の家事をリハビリとして、頑張りましょう。

 

|

2019.11.12

胆嚢炎ー2

11月7日の手術、無事に済みました。

術前の説明で、お腹をみぞおちあたりから下に、おへその上で左に切り(時計で言えば9時)

皮膚・肝臓をめくり上げて奥の胆嚢を切り取ります、なんて・・・恐ろしい事をお医者さまからは事もなげにいわれましたが、心配されていた癒着も少なく、3時間ほどで手術が終わったそうです。

翌日は身動きの取れないまま、ベッド移動で透析を受け、終日うつらうつら。

夜になってトイレまで歩かされ、尿管を抜いてもらいました。

術後の病棟に二晩泊まり、外科病棟へ。

3日目、10日から食事開始。三分がゆ。

あれほど待ち望んだ食事開始でしたが、術後の身体には結構なストレスでした。

ほぼ義務的に流し込む感じですね。

11日からは全がゆ。

頑張って食べて、点滴がなくなりました。

あとはドレーンのみ。

昨日からは通常食。

以前 透析導入の時にも入院した病院ですが、相変わらず食事内容は・・・

贅沢は言ってられないので、とりあえずしっかり食べて、体力をつけたいと思います。

術前に履かせてくれた着圧ソックスを脱がせてもらったら、像さんの足みたいにパンパンに浮腫んでいて、昨日の透析でも多少減った程度。

ずっと食事が止められていたので、身体の栄養状態が悪く、そのせいで浮腫みが出ると言われたので、頑張って食事を食べる以外はないようです。

傷跡はじっとしていればなんとかいられるけど、寝たり起きたり、腹圧がかかる体制が大変。

あとゲップやしゃっくりも痛くて、夜も寝返りを打てないので、途切れ途切れにしか眠れませんが、

あの時は大変だったなーと、笑い話になる日が来るのが待ち遠しいです。

|

2019.11.07

胆嚢炎

ここ何週間か胃の調子が悪く、食事を抜いたり、おじややお粥にして様子を見てたんですが、


10月29日月曜日の晩、お腹の張りと痛み、吐き気が出て、何度もトイレに駆け込み、痛みも尋常じゃなくて、これは胃潰瘍?まさか胃に穴が空いた⁇


痛みがみぞおちあたりだったのと、ずいぶん前に慢性胃炎と言われていたこともあって、異常なのは胃だと疑いもせず・・


救急にかかる決断ができずにいたところ、夜中に少しだけ痛みが和らいだので、少しだけ眠り、朝を待ってクリニックに電話して、総合病院への紹介状を書いてもらいました。


救急にかかり、いろいろ検査をして、下された診断か胆嚢炎!?

胃じゃなかったの?とびっくりです。


最初の処置は肋骨の下辺りからドレーンを入れて、中の濁った胆汁を抜くこと。

本来は薄い黄色のはずの胆汁が、ドロドロの血液状のものから、黒っぽくなり、緑っぽくなり、薄い黄色が混じるようになりと、順調に進んだかに見えた頃、動いた拍子にズレてしまい、ドレーンは抜くことに。


一時9°5分まで上がった熱は、微熱程度に下がったものの、痛みと胆嚢の腫れ感は消えず、炎症反応も18〜19と高いままなので、胆嚢切除の手術を受けることになりました。


最初の3日は水も飲めず、ベッドからも動けず、検査や透析もベッド移動。

4日目からようやく飲水許可が出たけど、透析を考えるとそうは飲めず、我慢の毎日です。

5日目に病棟フリーの許可が出たので、トイレ・洗面等自力移動できるようになりました。


そう言えば

世の中はハロウィンで賑わったようですが、

あとから知ったくらいです(笑)

舅の誕生日もありましたが、義妹が来てくれたので、お祝いは出来たとのこと。良かった。


一昨日は入院以来初めてシャンプーしてもらい、昨日は初めてのシャワーを浴びさせてもらい、さっぱりと生き返りました。


ただの水がものすごく甘かったり、本当に普段当たり前のことが、どれほど幸せなのか、改めて感じています。

透析もどんな状態でも待ったナシですが、受けられるだけありがたいことですね。


手術は今日の午後。

生まれて初めての開腹手術なので、無事に済むか、後の痛みは等不安はありますが、無事に終わって、不快な痛みから解放されて、普通に食事が美味しく食べられる日を楽しみに頑張りたいと思います。

|

2017.08.16

腹痛

先々週の土曜日の朝、お腹が痛くなり、下痢しました(^_^;)

心当たりがあるとすれば、前夜お風呂上がりに食べたアイスかな?

暑い日が続いていたから、アイスなんてしょっちゅう食べているのにな、なんて思ったけど、午後には下痢もおさまり、やれやれ・・・だったんですが、

腹痛が治まらず、痛みで夜も眠れず(^_^;)

翌 日曜日は仕事だったので、コカールを飲んで出勤したものの、効かずに痛いまま一日を過ごし、夜寝る前に、もう一度コカールを飲んでみたものの、やはり効かず、痛みで眠れぬ夜を過ごし・・・

さすがにこれはおかしいと、もしかしてまた憩室炎?と気づき、痛みの場所を探してみると、左上部のあたりに、押すと鋭い痛みが‼︎

そして月曜日、先生に言って、前回と同じクラビット500を処方してもらいました。

痛みのピークは越した気がしてましたが、お夕飯後に飲んで、その晩は痛みで眠れないこともなく、ホッとしました。

月曜日の検査結果は、CRP6.7とかなり高値になってました。
痛いわけです(^_^;)

前回の憩室炎の時と同じく、水・金、一昨日の月曜日、透析日の夜、クラビット250を飲んで、もう痛みもなくなり、なんとか治ったようです。

一昨日の検査でCRPが0.41だったので、まだ少し炎症が残っているのかもしれませんが(^_^;)

もう痛みも違和感もないので、もう大丈夫そうです。

前の時はピーナッツが原因かなと思ったけど、今回は普通に?下痢してからだったので、憩室炎が起こるきっかけがわからないのが困ります。

それでも、いろいろ気をつけていくほうがいいんでしょうね(^◇^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.10

内視鏡検査

昨日は腸の内視鏡検査でした。

前回のような検査食はなかったので、前日の食事はこんな感じにしました。

朝食

残りごはんで作ったおかゆと豆腐の味噌汁

昼食

レトルトのおかゆと豆腐の味噌汁

おやつ

バランスパワーとべっ甲飴

夕食

コーンスープ

一応 検査食に準じたものを用意したつもりでしたが、一般のバランスパワーには食物繊維が含まれていたし、コーンスープには牛乳が使われていたので、ダメでしたね(^_^;)

そして9時にプルゼニド4錠


4錠も飲んだら、どんな下痢状態になるのか心配だったんですが、お通じは普通に朝一度あっただけでした。
そんなに強い下剤じゃないみたいです。

病院へ行き、受付を済ませて内視鏡センターへ。

しばらく待って先に説明を聞き、それから3畳くらいの狭い空間に、ベッドと便器と手洗いがあるだけの部屋に通され、そこで浣腸を2回(^_^;)

される方も大変だけど、看護師さんも大変ですね。

その後1時間くらい待たされて、ようやく検査開始。

この1時間が長かった!
荷物はロッカーに預けてきたので、携帯もなく、ただベッドと便器だけの狭い部屋で待つだけの時間・・・独房ってこんな感じなのかしら、なんて考えちゃいました(笑)

さて検査・・・は、2年前より痛かったかも(^_^;)
苦行以外の何者でもない、って言うか、心が折れて、
30分くらいが永遠に感じました(^_^;)

検査終了後、落ち着いてから外来へ。

内視鏡でも憩室がはっきり見えてましたが、癌等の悪いものはないとのことで、ホッとしました。

ピーナッツが悪かったのかもしれません、と言うと、
ピーナッツが悪いという報告はないけれど、自分なりに食べ物に気をつけるのはいいことでしょう、と言われました。

なんにしても、ほどほどにしないとね(^_^;)

久々の総合病院もこれで終了です。

会計を済ませて帰る頃はお腹が空いて・・・
ココスでミックスグリルランチ!


美味しかったです(o^^o)

プルゼニドの影響か、帰宅後お腹が痛くなり参りましたが、とりあえず検査が無事に済んで、憩室は多数確認出来たけど、結果異常なしということで良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.01

注腸検査の結果

相変わらずドタバタと毎日が過ぎて、あっと言う間に5月になっちゃいましたね(^_^;)

25日に結果を聞きに行ったんですが、予約時間が10:30だったので10時前に着き、10:30に電光掲示板を見ると30分遅れ、11時には混雑中となっていて、結局呼ばれたのは1時過ぎ・・・

待つ方も大変だけど、お医者さんも大変ですね。

注腸の結果ですが、憩室と呼ばれる突起が、特にS字結腸付近にたくさんあり(^_^;)
先日の痛みはやはり憩室炎だったようです。

念のため、S字結腸付近だけ内視鏡の検査も受けることになりました。

今度は検査食は特になく、前日はなるべく消化のいいものを食べて、夜9時にプルゼニドを4錠飲み、受付後浣腸だそうです。

2Lの下剤も嫌だけど・・・

とりあえず連休中はあまり考えないようにしようかな(^◇^;)

何度も憩室炎を起こした原因として、一番可能性が高いのが「柿の種のピーナッツ」らしいと気づいてから、ピーナッツを食べるのをやめたせいか、あれから炎症は起きてません。

食生活は大事ですね(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.21

注腸の検査

19日の検査のことです。

前夜はスープの夕食のあと、水をコップに二杯 400mlを飲み、寝る時には足が浮腫んだ状態になってましたが、朝 排尿後は気にならなくなってました。

朝食は抜きで、水を200ml飲み、指定された通り受付を済ませ、8:30前には内視鏡センターへ。

主人が吐血した時のお馴染みの場所ですが(^_^;)
初めて入る奥の部屋、検査のための準備室に、10人くらいが呼ばれて通されました。

椅子と机が並んでいて、それぞれの机にモビプレップとプラカップ


それからチェックリストが置かれていました。


以前、透析導入の時は病室で、2時間かけて全部飲んでね、と言われ途方に暮れましたが、ここではきちんと飲み方の説明があり、10分ごとにモビプレップ200mlを2回、それからまた10分開けて水を200ml飲むというのを1セットとして、30分の休憩を挟みながら3回繰り返してから、便の様子を見てもらい、透明になったのを確認出来たら検査へ、透明にならなければもう1セットだそう。

苦手なモビプレップ、頑張って飲みましたよ。
周りの人よりも時間がかかったけど、なんとか1セット終了。
だけどかなかな2回目に手が出せずにいたら、そのうち気持ち悪くなって、結局トイレに駆け込むことに(^_^;)

今日はもうダメかなと思ったけど、看護師さんから、じゃもう一度1セット目から頑張ってね、と言われ・・・そこから2時間くらいかけて、なんとか1セット飲みました。

なんか拷問を受けてるような気分でしたが(^◇^;)
最初に飲んだ分が効いてきたらしく、途中何度も便意を感じてトイレに行き、結局1セットだけで透明になり、やれやれでした(^_^;)

中には5セット飲んでもOKが出ない方もいましたが、5セット飲めることのほうにびっくりです(^_^;)

検査の予定は1時でしたが、そんなこんなで準備が遅れ、1:30過ぎにレントゲンの透視室へ。

検査着に着替え、台に乗り、空気とバリウムを入れる注腸開始。

検査は、垂直から水平に、こまめに動く台の上で、右向いて、左向いて、うつ伏せになって、仰向けになってと、技師さんの指示通りに動きっぱなしで30分くらいかかり、途中お腹が張る痛みに耐えながら、なんとか無事に終了。

結構疲れました(^_^;)

入れた空気とバリウムは、抜けるだけ抜いてから終わりだったので、検査後の下剤はなし。

でもそのあと1時間くらいはトイレ通いで、準備中のトイレ通いから痛くなってたお尻が辛かったです(^◇^;)

病院をでたのは3時過ぎ。
長い1日でした(^_^;)

お腹も空いていたので、頑張ったご褒美!

何を食べようか散々迷った末、ガストに寄り、ミックスフライランチを食べました。


お代わり自由のスープとフリードリンク付きで、600円ちょっと⁈
なんてリーズナブル!

ヒレカツもエビフライもクリームコロッケも、とっても美味しくて)^o^(

ごはん粒一つ残さず完食いたしました(笑)

検査の結果は来週火曜日です。

透析が中3日になり心配でしたが、増えは2.1kgで済んで、やれやれでした(^_−)−☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.18

検査の準備

明日は注腸の検査なので、今日は朝から検査食です。
ダルムスペースリッチⅢ


検査食としてはポピュラーなのかな?
検索してみると、食した方のブログがいくつも出てきました。
超不味い!という感想もあれば意外と美味しいという方もいて・・・

さて実食(笑)

朝食は和風がゆとお味噌汁


最近 朝はバターロール1個くらいで済ませているので、量は多いくらい(^_^;)
味は薄味だけど、出汁の風味とにんじん・鮭が入った五分粥って感じで、特別美味しいわけではないけど、まあ許容範囲かな。
お味噌汁はお豆腐が入っていて、結構塩分多めでした。

お昼は中華粥とすまし汁


中華出汁味で具はなし。
最後まで食べきるのが大変でした(^_^;)
すまし汁はやはり豆腐入り。
こちらもやはり塩分多め。
塩分で飲む感じでしょうか。

箱の裏側に成分表示があり、全部の塩分が7.9gですって。

しょっぱいと感じるわけですね。

午後3時に下剤。


小さな容器に入った無色の液体を、200mlのお水に溶かして飲みます。
ほんの少し味があり、まあ美味しく飲めました。

おやつとしてクッキーとジュースがあり、お夕飯以降は水分のみとなっていたので、クッキーを食べました。


バランスパワーのココア味。
二本入りが2パックありました。
カロリーメイトよりしっとりしていて美味しかったです。

下剤を飲んだあとはお腹がごろごろ鳴ってましたが、5:30頃になってお通じ第一弾(^_^;)

柔らかめのが結構出たけど、最終的には水にならなきゃいけないので、まだまだだな(^_^;)

お夕飯はコーンスープ。


これは普通に美味しかったです(^o^)

本当は夕食後にマグコロールも飲むセットなんですが、透析患者さんには使えないとのことで、その分は明日の朝病院で2Lの下剤を飲むそう。

苦手なんだよなぁ、2Lの。

検査より、2Lの下剤のほうが憂鬱です(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.12

腸の検査

二月に炎症を起こして以来、何度か繰り返し炎症が続き、その度にクラビットを飲んで来たんですが、あまりにも続くので、検査を受けることにしました。

紹介状を書いてもらい、昨日は久々の総合病院。

姑をデイに送り出してすぐ出かけて、8:40頃には着いたけど、受付で待ち、外来で待ち、診察が済んで10時をまわり、エコー検査が12時からという・・・

相変わらず時間がかかりますね(^_^;)

エコー検査はクリニックでもやっているけど、総合病院のエコーはもっと時間をかけて丁寧でした。

結果は明日また行って聞き、来週はバリウムを入れてのレントゲン検査。

2日間かけて下剤を飲むので、来週の透析は月木金に変更してもらいました。

お通じはわりと良く、便秘も下痢もしていないけど、同じ場所が痛くなったり、周期的な痛みがあったりで、憩室炎の可能性もあるとのことです。

痛みが出た時、食べ物を控えたり、なるべく安静を心がけたり、痛む部分を暖めたりすると、痛みが和らぐので、なんとなく付き合い方がわかってきましたが、この際きちんと原因を究明できればと思っています。

朝から何も食べずに行ったため、検査が済む頃はもうお腹が空いて死にそうで・・・

帰りに天丼食べちゃいました。


久々食べた天丼、とっても美味しかったです(o^^o)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧