家族

2018.10.08

舅 再入院(^_^;)

10月6日 土曜日に退院した舅。

10日ほどの入院で済んでやれやれと思ったのもつかの間、

退院前から左足が腫れっぽいと訴えてはいたものの、

6日 日曜日の晩、シャワーを浴びた後、左足の裏側に大きな内出血を発見。

内出血だけなら、時間が経てば薄くなっていくんじゃない?なんて言ってたんですが、翌晩腫れがひどくなったというので見ると、明らかに左右の足の太さが違うほど、左側がむくんで腫れていて、足の甲までパンパンな状態になっていて・・・

翌日も祭日で病院はお休みなので、そのまま救急へ連れて行きました。

89と言う年齢だからか、退院したばかりという状態だったからか、意外と待ち時間も少なくて済んだものの、その晩は包帯で圧迫して、翌日に形成外科のベテランの先生が診てくださると、とりあえず帰宅。

そして今日朝9時に救急で外来受診。

最初のエコーで5㎝くらいの血腫があり、その後の検査でさらに奥に10㎝くらいの血腫もあり、そのままにしておくと足の皮膚がダメになってしまう恐れがあると、手術をすることに。

私は今日の午後は透析なので、主人に交代してもらいました。

2時過ぎに全身麻酔で手術が始まり、出血部位がかなり広かったらしく、大変だったようですが、無事に終了して、麻酔からも目覚めることが出来たとのことでホッとしました。

私は透析後、デイから戻った姑の世話があるので病院へは行けませんでしたが、浜松から義妹も駆けつけてくれたので、舅も心強かったと思います。

今度は脚なので入院期間はもう少し長引きそうですね。

内出血→血腫となった原因ですが、心臓のほうのかかりつけ医で、7月からワーファリンの量が増やされていて、それが効きすぎてしまったということみたいです。

心臓外科の先生も来てくれて、ワーファリンはしばらく中止になるとか。

まぁ病院にいる間はとりあえず安心してお任せして、お誕生日までには退院できるといいなぁ・・・

| | TrackBack (0)

2018.10.04

舅の入院

10月30日に90歳になる舅。

5年ほど前に心筋梗塞でバイパス手術を受け、ワーファリンを飲むようになり、少しぶつけてもあざが出来るようになりました。

8月の末くらいでしょうか、右ひじの少し下、外側をかるくぶつけたようなんですが、その後腫れ始めて、コブが2cmくらいまで大きくなってしまったんです。

Gazo4

痛みはないけど邪魔だし気になる、と訴えるので9月11日、皮膚科を受診しました。

この程度のコブなら、普通は日帰り手術できるけど、舅の場合はワーファリンを飲んでいるため、入院手術が必要とのことで、総合病院への紹介状を書いてもらいました。

そういえば2年ほど前骨折した時も、最初の一週間はワーファリンを抜く処置をしてから、人工関節の手術をしてました。

9月14日に紹介状を持って総合病院へ。

エコー検査の結果、コブの中身は血腫で、そのままにしてぶつけて出血したり化膿してもいけないのでと、切除手術を勧められました。

傷も小さいし、ワーファリンは止めてしまうほうが危険なので、そのまま手術をしましょうとのこと。

9月27日に手術してもらい、そのまま入院することに。

手術は30分から1時間程度と聞いていたけど、実際の待ち時間は1時間半。

結構長かったので心配になりましたが、無事に終了して、入院後私は帰宅しました。

ところが夜になって出血してしまい、急遽再手術となり、手術後は止血のために右腕を吊って上げてという状態に。

毎日の回診で傷の状態を見てくれてますが、昨日もまだ完全には止まらないとのこと。

ワーファリンを飲んでいる場合はよくあることだそうですが、早ければ1週間程度の入院で済むなんて予定でしたが、もうちょっとかかりそうですね。

姑は要介護3は変わらずですが、3歩歩けば忘れるくらいに進んでいるので、相手をするのにかなり根気が必要です。でも徘徊の心配がないだけ有難いかな(^_^;)

私も透析に通いながら、家事プラス姑の世話も増え、ホント毎日が慌しく過ぎていきます・・・。

| | TrackBack (0)

2018.08.01

夫の入院

先週の水曜日(25日)の事。

もうお風呂も済ませて、
あとは寝るだけとのんびりしていたら、
主人がやってきて、
腹が張って気持ち悪い、吐きそうと・・・言う。

吐くならトイレで吐いてよー!

しばらくしてトイレから、
やっぱり血を吐いた!と主人の声(^_^;)

ここ二年くらいは落ち着いていたんだけど、
出来た食道静脈瘤は消えないので、
いつ出血を起こしてもおかしくなく、
どんな刺激が引き金になるかわからない状態ではあったので、すぐ救急車を呼びました。

主人も私もすっかり慣れて?しまっているので、
対処も落ち着いたものです(笑)

検査で出血箇所が確認出来たので、
止血処理をしてそのまま救急病棟に入院・・・。

通常なら1日〜2日で一般病棟に移るのだけど、
貧血状態がなかなか戻らず(ヘモグロビン7!)、
出血箇所がまだあるのかもしれないと、
28日土曜日に緊急内視鏡検査。

出血箇所はなかったと輸血してくれて、
30日月曜日に一般病棟へ移り、
重湯から食事開始。

普通食が食べられるようになれば退院の見込みとなり、
まあやれやれ・・・というところまでになりました。

対処に慣れているとは言え、
家族が入院するといろいろ大変です。

まず当日。
救急搬送が夜10:30頃。
救急は混んでいて、付き添いの私はひたすら待たされ、
ようやく帰宅したのは2:30(^_^;)

翌日市役所で限度額申請の手続きをして、
市役所も待ち時間が長くて、
あのひたすら待つ時間というのは疲れますね。

緊急内視鏡検査の時には、
ご家族に来て頂きたいと連絡が来たものの、
その時私は、耳が痛いと訴えていたチビさんと、
耳鼻科の待合室で順番待ちの真っ最中!

現状を話し、物理的に動けないのでお任せします。
と言うと、

誰か来てもらわないと困るんですが、
代わりの方はいませんか?

って、あとは要介護3の姑と、要支援2の舅。
どーせいっちゅうんじゃ(>_<)

向こうの事情もわかるけど、あまりにも話が通じないので、腹も立ってきて(^_^;)

わかりました!
じゃ耳鼻科をキャンセルして、耳が痛いと言う6歳の子供を連れて行けばいいんですね⁉︎

言え、そこそまでは・・・

ようやく無理難題を言ってる事に気付いたみたいで、
耳鼻科が終わってから駆けつけると、
先程は申し訳ありませんでした、と
看護師さんからも先生からも、
お詫びを言われました。

疲れもピーク。
忙しいストレスもあってか、
憩室炎も再発し、また腹痛とお付き合い(>_<)
だけど私が倒れるわけにはいかないので、
任せられる事は任せる以外ないですね。

透析中にゆっくり休めるのが、
本当にありがたいです(笑)

書く事も溜まっているので、
ぼちぼち更新していきますね。

| | TrackBack (0)

2018.05.05

子どもの日

今年の1月に生まれた長男の長男。

男の子と言えば初節句だけど、東京の狭いアパート暮らしなので五月人形はどうする?と聞くと、オレのを飾って、前で写真撮ればいいよ、との返事。

ならば・・・と、30年ぶりくらいに、五月人形を出しました。

昔は出すのも片づけるのも、舅が一人でやってくれていたけれど、足の手術以降自分が動くのがやっとなので、三階の物置やら、階段下の倉庫の奥の奥などから、探し出して、ついでにいらないものの処分もしながら、なんとか頑張って飾りました。



3日に長男達が来て、お料理もたくさん作って、賑やかに初節句のお祝い。



翌日は快晴だったので、いつもの○○池公園へ。



昼食後静岡駅まで送って、慌しい二日間が終わりました。

他にもチャイルドシートを調達したり、部屋を片付けてベビーベッドを出したり、

二日間のために、準備だけで燃え尽きた感もありましたが(^_^;)、喜んでくれたので良しとしましょう(笑)

あらためて考えてみると、毎年3月、5月に、出して飾って、またしまってと、昔の人は大変だったでしょうね。
尊敬しますね。

五月人形を飾るのに参考にした、当時のアルバム。


今年36になった長男の初節句の時だから、私も20代で若かったなー。遠い目になっちゃう(笑)

さて、後片付けも頑張らないと・・・(^◇^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.03.07

3月の検査結果

金曜日の透析以降、真剣にカリウム対策をしてみましたが・・・
結果です。

透析前

クレアチニン 11.43 BUN 57.5 リン 6.6
カリウム 4.3 ヘモグロビン 11.4

PTH Intact 50

透析後

クレアチニン 3.53 BUN 14.0 リン 2.6
カリウム 3.4

h-ANP 59

β2MG 7.7

kt/v 1.65

心胸比49.4(3/2)

カリウムはなんとか下げられました(^_^;)

土曜日のお昼は外食になってしまったんですが、それ以外はアプロテンスパゲティ・レナケアーのカップ焼きそば・低タンパク米のチャーハン・デンプン蕎麦という低タンパク食にして・・・
うーん、なのになぜリンが高いんでしょう(^_^;)

土曜日はチビさんのお付き合いで、アンパンマンパンショーでした。

帰りにはま寿司でお昼。

天ぷら蕎麦とローストビーフ・マグロ・サーモンの握り。

おみやげに頼まれたケーキを買って、私も食べたけど上に乗っていたイチゴはやめました。

あとは低タンパクメニュー


栄養状態も考えて、チャーハンとデンプン蕎麦には卵を使ったくらい。

あと日曜日のお夕飯後は岩盤浴で汗を出してきましたが、水分補給はしたので、問題ないかと・・・

回診ではカリウムが正常範囲だったことで、リンについては触れられませんでしたが、カルシウムが少し低めだったので、次の処方でレグパラを減らすそうです。

カリウムは食事を戻したら、また上がっちゃうのかもしれないので、引き続き気をつけたいと思います(^_^;)



| | Comments (2) | TrackBack (0)

2018.01.26

2018年

今頃ですが、今年もよろしくお願いします。

って もう一月も終わりますね(^_^;)

なんだかんだドタバタと過ごしております。

年が明けて一番のニュースは、昨年結婚した長男に子どもが生まれたこと!

21日の日曜日に会いに行ってきました。



久々の新生児!
可愛かったです(o^^o)

異常気象、地震、ミサイルと不安がいっぱいの世の中ですが、未来しかない赤ちゃんの存在にはとても癒されますね。

明るい未来を手にして欲しいと切に願います。

いくつまで見守れるかなー。

透析と共存しながら、長生きできるよう頑張らなくっちゃ!(^o^)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2017.07.07

顔合わせ

東京に住む長男は、今年35。

田舎と違って、都会人は独身者が多いせいか、うちに連れて来る彼女はいても、なかなか結婚という話にはならなかった。

今年のGWに連れてきた彼女は、7人目だけど(^_^;)
ようやく結婚を決めたというので、2日の日曜日、先方のご家族との顔合わせをしてきました。

都会生まれ、都会育ちのお嬢さんだけど、長男いわく、生まれも育った環境も全然違うのに、価値観が似ていることが決め手になったとのこと。

うん、価値観は大事だよね。

顔合わせに選んだ場所は品川。
新幹線に乗ったのも久々です。

結納や顔合わせに、なんていうコースがあるんですね。


寿のお箸で迎えてくれて、


鯛の尾頭付きの一品等、お祝いムードのお料理をいただきながら、和やかにいろいろお話ししてきました。

とてもいい感じの、仲の良いご家族で、長男も高評価みたいで、ホッとしました。

実は翌日に血液検査の予定だったのですが、そんな席ですから、結構食べちゃいましたね(^_^;)

顔合わせが済んだあとは、せっかく都会に出てきたので、品川水族館へ寄りました。

田舎では考えられないくらいの人・人・人でしたが、イルカショーを見たり、

しっかり楽しんできました。

帰りの新幹線ではチビさん爆睡(笑)

この日の為に、準備等気忙しない日々でしたが、無事に済んでやれやれです。

| | TrackBack (0)

2017.05.26

唾液腺嚢腫

我が家には、7月に10歳になるトイプードルがいます。

見た目は可愛いけど、たまに噛まれたりもするので(^_^;)ちょっぴりやっかいな男の子・・っていうか結構なおじいさん。

2ヶ月くらい前から、喉のあたりが膨らんできて、気付けばこんな姿になってました!


触ってみると中身は液体っぽく、タプタプしています。

痛がる様子はないので、しばらくは要観察状態だったんですが、ネットで調べてみると、どうやらなにかの原因で、唾液腺から滲み出た唾液が皮膚の内側に溜まる、唾液腺嚢腫という病気らしい。

とりあえずかかりつけの獣医さんに連れて行くと、そういった症例は扱ったことが無いとのこと(^_^;)

近所にもう一軒、数年前に開業した獣医さんがあったので、そちらに行ってみると、詳しい知識もあり、いろいろ説明もしてくれたので、お任せすることにしました。

昨日朝から預けて、注射で中身を抜いてくれて・・・
夕方スッキリして戻ってきました。


抜いた液体は150gもあったとか。

体重約6kgに対しての150g、人間で言えば1kg近くですもんね。
重く鬱陶しかっただろうなぁ(^_^;)

また溜まることもあるかもしれないそうだけど、とりあえずスッキリして良かったです。

犬もいろんな病気がありますね(⌒-⌒; )





| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.12

要介護と要支援

去年の12月、転んで左脚の付け根を骨折し、人工関節を入れた舅。

外歩きは杖が必要ですが、家の中ではゆっくり杖なしで歩けるし、お風呂もトイレも一人で使えるので、介護申請はしなくてもいいかなと思ったんですが、ただうちにいて自己流で動くより、ちゃんとしたリハビリサービスを受けられるなら、その方がいいだろうと、3月になってから介護申請をしました。

3月末に面談があり、4月半ば過ぎに要支援2の決定通知が届き、これで週に2回の介護サービスを受けられることになりました。

姑の時は、先に知り合いのいた介護施設を決めていたので、あまり悩むことなく話が進んだので、舅も同じケアマネさんにお願いしようと思ったところ、要支援の場合は地区割りがあって、同じケアマネさんにはお願い出来ないとのこと。

いろいろ複雑なシステムになってるんですね。

家の地区の包括支援センターに連絡し、昨日職員の方がみえて、詳しく説明を聞き、担当がケアマネではなく、包括支援センターのプランナーさんになりました。

リハビリに特化したデイサービスが市内にいくつかあるため、今月中はお試しで利用させてもらい、雰囲気等良さそうなところを決めて、来月から正式に利用させてもらうことになりました。

思うように身動きが取れないため、イライラしたり、落ち込んだり、愚痴や泣き言の増えた舅ですが、半日デイに通うことが、いい気分転換になってくれるとありがたいと思います(^_^;)

| | TrackBack (0)

2017.03.12

てすり設置

ずいぶん過ぎちゃいましたが、2月23日に舅が退院しました。



写真は病室に飾っていた千羽鶴ならぬ百羽鶴(笑)

2月に5才になったチビさん、最近折り紙で鶴を折れるようになったので、せっせと折らせ作ったもの。
もちろん半分以上は大人が作って足しましたが、舅が喜んでくれたので良かったです。

左足の付け根に人口関節を入れる手術してからちょうど2ヶ月、外では杖が必要ですが、家の中ではゆっくりですが杖なしで歩けるようになり、トイレはもちろんお風呂も一人で入れるので、88という年齢からすると、驚きの回復力かなと思います。

だけど本人は、以前当たり前にできていたことが出来なくなったことで落ち込み、愚痴と泣き言と苛立ちからくる文句のオンパレードで、なんだか大変な毎日です(^_^;)

気持ちはわかるけど、命に別状がなく、寝たきりでも、車椅子でもなくて済んだのだから、文句言うより感謝して過ごす方がいいと思うんだけどね・・・

さて、我が家の玄関にある段差が危ないので、手すりを付けることにしました。



姑にも必要なので、姑の介護保険を使い、先日見積もってもらい、9日に業者さんが来て付けてくれました。



さすがプロですね。
タイルに綺麗に穴が開いて、スッキリ取り付けてくれました。

見積もりでは68000円ということでしたが、一割負担で済むので、全額払ったあと、9割分が返還されるそうです。

ありがたい制度です(o^^o)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧